気づくCIRCLE

社長メッセージ

COMPANY

社長メッセージ

1984年の創業から30年を迎えて

アソウ・ヒューマニーセンターグループ 代表 写真

2014年7月、アソウ・ヒューマニーセンター設立30周年を迎えることができましたこと、心より御礼申し上げます。
アソウ・ヒューマニーセンターの社名は「Human=人間の」「humane=人間の尊厳がある」「harmony=調和」、「働く人の尊厳ある生き方と企業・仕事との調和・統合を目指す」という思いを込めています。
私どもアソウ・ヒューマニーセンターグループは「雇用の拡大、雇用の創造、雇用の移動」を事業目的とし、人材派遣・職業紹介・就職支援・人材教育等において、社会から必要とされるサービスを提供し続けられるよう努力を積み重ねてきました。
経済の安定は「雇用の安定」にあると確信します。
そのために各分野の専門性を追求し、関連グループ会社9社を立ち上げるとともに、関東、関西を始め九州西日本一円に全国12拠点をネットワークとすることで「雇用の安定」に貢献できるよう努めて参りました。
お蔭様で登録スタッフ(求職者)は累計で177,000名、取引企業10,400社(*)を超える規模となりましたが、今後も私どもの経営理念である「仕事を通じて自己成長し人間づくりをする。仕事を通じて社会に貢献しよりよい社会をつくり出す」ことを思考行動の中心におき、今後も様々な取り組みを真摯に行っていく所存です。

※2014年3月末現在

アソウ・ヒューマニーセンターグループ代表
中島 彰彦

創業の精神、 「May I Help You?〜 何か私にお手伝いすることはありませんか?〜」に込められた想い

私どもの創業当時は仕事が無く「ハガキ一枚幾ら」の仕事からやりました。 年収1000万の仕事だろうが、ハガキ一枚の仕事だろうが、謙虚にひとつひとつの仕事を大切にし、感謝の気持ちを忘れないこと。
それから、相手の喜びを自分の喜びへと変え、もっと何か自分がお役に立てることがないか考えること。 それが創業の精神である「May I Help You?〜何か私にお手伝いできることはありませんか?〜」に込められた想いです。
私どもアソウ・ヒューマニーセンターグループは「広さ(九州一円から中国・関西・関東エリア」と「深さ(専門性、信頼性、特異性、重要性)」を兼ね備える事と、「量(求人数の多さ、スタッフ、求職者の多さ)」と「質(専門性、クオリティ、能力、教育)」を誇れる会社を目指します。
ホームページやデータベース等のデジタル技術を駆使して幅広くスピーディな仕事を実現することは勿論ですが、私どもは、創業の精神「May I Help You? 〜何か私にお手伝いできることはありませんか?〜」を忘れることなく、ひとりひとりの方との出会いを大切にして真摯に向き合うことで、信頼関係を築いていくことが重要であると考えています。

ひとづくりのパイオニア「中島彰彦」が博多で人生観を語る。
〜 仕事・人生観など「ひとづくり社長」の元気が出るコトバ 〜

このページの一番上に戻る